女優・坂井真紀、初の本格的ベッドシーンをはにかみながら語る!


『結構ファンなんだよな。

しかしいいこと言うねえ彼女』



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081219-00000002-flix-movi より

 熊切和嘉監督の最新映画『ノン子36歳(家事手伝い)』で、ダメダメな三十路(みそじ)女を演じた坂井真紀。初の本格的なラブシーンや、ノン子というヒロインについての思いを魅力あふれる自然体で語ってくれた。





【中略】



 「熊切さん(監督)の作品が大好きです。熊切さんが描き出すラブシーンはとてもドキドキします。食欲や睡眠欲と同じように性欲も人間の本能ですよね? 映画では、食べるシーンではちゃんと食べているのに、性欲の部分だけは見せず……そういう、うそをつきたくないなとも思いまして」と明るくほほ笑む…


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。